ワーキンホリデーについて

ワーキンホリデーについて 日本大百科全書(ニッポニカ)から抜粋  
注意!!
 ワーキングホリデーの制度は年によって変わりますので申請する場合は必ず大使館からの情報を得て下さい。 

ちなみに弊社代表ワーホリ社長®は2003年にカナダに行った時の定員は5000名。申請料は無料でしたが現在の定員は
5000人ではありませんし、申請料も有料となっております。

二つの国・地域間の取り決めに基づき、おのおのの国・地域が、相手国・地域の青少年に対して、自国・地域で一定期間の休暇を過ごし、その間の滞在費を補うために就労することを相互に認める制度。ワーホリと略されることもある。通常の観光ビザでは訪問国での就労はいっさい認められないが、国際的に広い視野をもった若い人を育て、相互理解や友好を深めることを目的にする限りにおいて許可するという趣旨である。風俗営業などこの目的に反するとみなされる職種に従事することはできない。

 日本のワーキング・ホリデー制度は、1980年(昭和55)にオーストラリアとの間で初めて締結された。その後ニュージーランド(1985年)、カナダ(1986年)、韓国・フランス(1999年)、ドイツ(2000年)、イギリス(2001年)、アイルランド・デンマーク(2007年)、台湾(2009年)、香港(2010年)と締結し、2013年(平成25)2月のノルウェーで12か国・地域となった。

ビザの有効期間は最長1年(イギリスのみ2年)だが、就労期間は、これとは別に6か月以内などと定められている。また、ビザの年間発給数に上限が設けられている国・地域(2013年時点で、カナダ6500人、韓国1万人、フランス1500人、イギリス1000人、アイルランド400人、台湾2000人、香港250人)、申請期間が決められている国・地域などがある。

 

申請要件として、申請時の年齢が18歳以上30歳以下(韓国とアイルランドは25歳以下)であること、子供を同伴しないこと、滞在当初の生計を維持できる資金を所持することなどが定められている。日本でワーキング・ホリデービザの発給を受けるためには、国内にある相手国大使館または領事館に申請を行う。

制度利用者数は、『平成19年版観光白書』の「ワーキング・ホリデー査証発給実績」(2006年・締約国7か国)によると、日本からオーストラリアへは1万0939人でオーストラリアから日本へは918人というように、韓国を除いて日本からの利用者のほうが多くなっている

注意点 申請時に30歳であれば31歳になってからも行くことが可能です。

1 18歳~30歳までの方

2 海外で働いてみたい方

3 海外に最低半年以上住みたい方

 

海外で働いてみたい方!!!ここが重要です。

海外で働くということは実を言うとハードルが意外と高いのです。

 

ただワーキングホリデー(ワーホリ)なら問題なく働けます。長期に海外に住む場合は、スチューデントビザを取得するのが一番いいです。これでしたら学費を払っていれば一応は何年もいることができます。

(合法的に働くことはできません)

 

なので、3ヶ月の短期留学や半年の短期留学は国によっては観光ビザ(パスポートのみでOK)

だけで大丈夫ですのでこっちは難しい手続きも不要になります。

ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP